JA熊本経済連 - おすすめ情報 - ピックアップ - "南関"産のお米で"難関"突破!「南関町ひのひかり」を今年も発売!

おすすめ情報

一覧へ戻る

メディア情報

"南関"産のお米で"難関"突破!「南関町ひのひかり」を今年も発売!

[2018/12/06]

受験シーズンを迎え、合格に向けて学業に励む受験生を応援しようと熊本パールライス株式会社は、5日、難関突破!合格祈願米と銘打って南関町の「南関町ひのひかり」を販売を開始しました。
同社は、熊本県の“南関(なんかん)”町で生産されたヒノヒカリの玄米およそ10トンを精米し5日から来年2月頃まで熊本市北区の直売所「you+youくまもと農畜産物市場」内にある同社の直営店「熊水乃蔵(ゆうすいのくら)」をはじめ、九州内外の量販店など約30店舗で販売する予定です。価格は1袋(=5kg)約2000円(無くなり次第終了。)
また、今年はJA熊本経済連グループが300gの卓上用少量タイプも同時発売します。だるまデザインのボトルにメッセージカードを付属しており応援の気持ちを込めた贈り物としても最適です。
販売に先駆けて4日に玉名郡南関町の大津山阿蘇神社で祈願祭を行い、同社の児玉静二社長が玉串を奉げ、社員とともに南関町のキャラクター「なんかんトッパ丸」が見守りました。
児玉社長は「今年はだるまの少量タイプも発売する。周りで難関突破に向け頑張っている人へ応援の気持ちとして送って欲しい。受験生だけでなく何かに挑戦するすべての方にこのお米を食べて難関突破してほしいと願っている」と力を込めました。
 
▼南関町で生産された合格祈願米 難関突破「南関町ひのひかり」
20181204-1.jpg
▼パールライス児玉静二社長と南関町のキャラクター「なんかんトッパ丸」
20181204.jpg
 
問い合わせは、熊本パールライス㈱:096-213-5100まで