1. JA熊本経済連
  2. 部門紹介
  3. 畜産生産指導課

部門紹介Divisions

畜産生産指導課

生産者と消費者を繋ぐ架け橋となるために。

配合飼料・単味飼料・畜産資材等の取り扱いからなる飼料事業、素牛・素豚・素ひな導入等の素畜事業、鶏卵の販売等からなる販売事業、各畜種毎の生産指導などを行う指導業務、家畜改良からなる受精卵事業等が主な業務となっております。

経営安定と後継者育成強化で熊本の畜産を守る。

 畜産生産指導課の役割として、県下畜産農家の経営安定に向けた生産性向上への取り組みと後継者・担い手の育成等、生産基盤の強化を図るため、JAおよび関連会社等と一体となった事業に努めております。
 また、近年は系統未利用農家推進強化や配合飼料の効率的な物流体制の整備等に取り組んでおります。

  • 「接客技術の向上を目指したドライブウェイサービスコンテスト」県大会

    黒毛和牛

  • 受精卵移植センター

    受精卵移植センター

沿革

2004 大津原種豚センターを閉鎖
畜産指導推進課と畜産生産課が統合し畜産生産指導課へ
大津牧場を閉鎖
2005 BSEガイドラインに対応し、熊本くみあい飼料(株)は牛用飼料専用工場として出荷開始
豚用飼料はジェイエイ北九州くみあい飼料(株)、鶏用飼料を南九州くみあい飼料(株)に製造を移管
  黒牛勉強会開始
くまもとりんどうポーク銘柄推進協議会発足
2006 受精卵移植センター開設
2008 県北鶏・豚用中継基地開設
2010 熊本くみあい飼料(株)とジェイエイ北九州くみあい飼料(株)の合併
2013 県北牛用中継基地開設