JA熊本経済連 - 熊本の農畜産物 - 花卉

熊本の農畜産物

花卉

  • 宿根カスミソウ

    宿根カスミソウ

    熊本の花きは、豊かな自然環境を活かして生産されており、中でも、宿根カスミソウは作付面積・出荷量ともに全国1位です。
    純白で高品質の切り花を輸送する立て箱梱包を行っており、鮮度を落とすことなく出荷しています。
    通年出荷ですが、11月~5月が出荷最盛期です。

  • トルコギキョウ

    トルコギキョウ

    熊本県では平坦地から高冷地まで熊本県全域で栽培しており全国2位の生産量を誇っています。
    豊富な花色、気品の高い花の姿と花持ちの良さで、近年、冠婚葬祭や花束・アレンジメントなど幅広く使用されており、人気が高くなっています。
    通年出回っておりますが、出荷最盛期は11~5月です。

  • キク

    キク

    キクは、日本の伝統的な花で冠婚葬祭に欠かせません。他県に先駆けて航空便による出荷を実現し、関東などで熊本ブランドを確立した熊本のキク。
    絶えることのない生産者のパイオニア精神により、改良を加え、高品質のキクを一年中出荷しています。

  • カラー

    カラー

    豊富な湧水を利用して栽培される熊本のカラーは、地下水の豊かな熊本を代表する花です。長い花がらの先に白やグリーンのロウト状のふくらみがあり、その中に黄色の肉穂の花が伸びています。
    暖地~高冷地まで生産しており、主に1月~5月に出荷しています。

    クリックすると拡大します。

  • アリアム

    アリアム

    葱坊主に似た花で、ステムに曲がりをつけているものもあり、主にお稽古ごとに使用されています。アレンジメントや花束に使用するときはアクセントになる商材になります。
    熊本県では、丹頂やハヤト・ムラサメ・バニラの芳香がする青色のブルーパフュームなど様々な品種を出荷しています。また、丹頂は産地ごとにステムの曲げ方が異なっており、色々な曲げが楽しめます。
    平坦地の熊本市・上益城・八代・球磨、高冷地の阿蘇で栽培され12月~6月に出荷しており出荷最盛期は3~5月になります。

  • 洋ラン

    洋ラン

    クリスマスや誕生日、お祝いなどの贈り物として、洋ランの人気は高まっています。高級感あふれる香りとその姿は、まさに花の貴婦人といった印象です。
    洋ランは鉢物のほか切り花でも出荷されています。主な品種としては、オンシジューム、ファレノブシス、エピデンドラム、シンビジュームなど。 通年出荷で、最盛期は11月~5月。

  • スターチス類

    スターチス類

    3~4年ほど栽培する宿根スターチスと、1~2年生のスターチスシヌアータがあります。消費者の洋花嗜好の中で安定した人気を保っていますが、特に熊本産のスターチスは花色が豊かでボリュームがあり、市場での人気も安定しています。 通年出荷しています。

  • バラ

    バラ

    華やかなバラの花は、定番の人気があります。
    熊本のバラは花の色が鮮やかでボリュームがあり、香りもよく、花持ちがよいのが特徴です。平地のほか高冷地で生産されており、通年出荷されています。

  • リンドウ

    リンドウ

    熊本の県花であるリンドウは、阿蘇山頂周辺の高冷地を中心に草原に自生しており、紫色の清楚な花です。阿蘇を中心に適地適作で生産され、花色は鮮明で花持ちが良く、喜ばれています。
    出荷最盛期は7月~10月。九州管内を中心に出荷されています。

  • カーネーション

    カーネーション

    母の日のプレゼントのほか、結婚式などのお祝いに需要の高いカーネーションの花。熊本では古くからカーネーションの栽培が行われてきました。
    通年出回っています。