JA熊本経済連 - 熊本の農畜産物 - 果物

熊本の農畜産物

果物

  • スイカ

    熊本では、古くからスイカの栽培が行われており、今も日本一の生産量を誇り、全国シェアの約5分の1を占めています。
    スイカを選ぶ時は、果面にツヤがあり、形は直接味に関係ありませんが、左右対称の果実がおすすめです。


    ●スイカはビタミンAが豊富
    利尿作用がよく、暑気あたり、解熱、体内の水分補給などに効果的です。また、すいか糖は腎臓病の特効薬とも言われています。

    ※おいしい温度 15℃にする
  • メロン

    熊本は、メロンの日本有数の産地として知られています。糖度が高く、芳香いっぱいの熊本メロンは、贈答用やグルメの食材用に求められています。
    食の多様化とともに元祖の「プリンス」のほか、「アールス」、「アンデス」、「ホームラン」、「クインシー」など、栽培されるメロンの種類も増えました。
    メロンに多く含まれるカリウムは、体内の塩分を排出する働きがあり、塩分を取りすぎる日本人に特にヘルシーなのです。
    メロンのおいしい食べ頃は、20℃~25℃で保管して底が少し軟らかくなり、また品種によっては香りが強くなった頃です。

    ※おいしい温度 15℃にする
  • いちご

    いちごの甘くてみずみずしい果肉は、なんともいえないおいしさ。おだやかな気候を利用して、甘さと日持ちが自慢の熊本育成品種「ひのしずく」や「さがほのか」が主力品種です。
    いちごワインやジャムなどの加工品も、芳醇な香りが楽しめます。