JA熊本経済連 - おすすめ情報 - ピックアップ - 品質向上物流合理化施設 「JA熊本経済連農産物倉庫」が完成!県内最大規模

おすすめ情報

一覧へ戻る

メディア情報

品質向上物流合理化施設 「JA熊本経済連農産物倉庫」が完成!県内最大規模

[2018/04/06]

3月27日、菊池市泗水町の田島工業団地内にJA熊本経済連の新たな農産物倉庫が完成しました
 
鉄骨平屋建て、延床面積4542・8平方メートルの低温倉庫。
平床枠付倉庫3室と平置倉庫1室、検査・荷捌き室などを備え、最大7720・8㌧の収容能力を持つ。
熊本地震の発生を受け、平床枠付倉庫は地震や災害による荷崩れを防ぐための枠も取り付け、安全面にも配慮しています。
 
建設にあたり、2016年度熊本地震被災施設整備等対策事業及び地元菊池市の補助事業と農林中央金庫の県域企画応援事業を活用しました。
今後は①熊本地震で被災した施設の集約によるコストの低減②フレコンばら保管施設の導入による品質保持③物流合理化による円滑な集出荷――を実現し、県産米を中心とした安全・安心な農産物の供給を目指します。
完成を祝う竣工式には関係者約80人が出席し経済連の加耒誠一会長らが玉串を奉げ祈願し、テープカットを行いました。
加耒会長は「農業を取り巻く環境は大きな変革期にある。農産物倉庫が皆様からの期待に副えるよう努力する」と述べられました。
 
2018.03.27-2.jpg2018.03.27-1.jpg2018.03.27-3.jpg2018.03.27.04.jpg