JA熊本経済連 - ニュースリリース - 「生産者の要望に基づく共同購入トラクターの開発」について

ニュースリリース

「生産者の要望に基づく共同購入トラクターの開発」について

[2017/12/29]

2017.12.29--1.jpg2017.12.29--2.jpg
 
JAグループでは、生産者からの農機価格引き下げの要望に応えるため、機能を厳選した低価格モデルのトラクターを生産者に提供する取り組みをすすめています。
 
具体的には、
①農業者3団体(日本農業法人協会、全国農協青年組織協議会、全国農業青年クラブ連絡協議会)と全農による資材事業研究会の場で徹底した議論
②生産者モニターによる必要機能の検証
③JAグループ職員による1万名を超える生産者アンケート結果に基づくニーズ分析を行い、生産者からの要望があった50~70馬力クラスの自動水平制御、自動耕深制御、倍速ターン機能を備えたキャビン付トラクターの開発要求をとりまとめました。
 
そこでJA全農は、メーカー各社より提案のあった製品の中から、要求した要件を満たした最も安価な製品を共同購入型式として選定し、生産者に供給することが決定されました。JA全農の共同購入の目標台数は全国1,000台(平成30~32年の3か年)とし、TAC・県域担い手サポートセンターとも連携をはかり、生産者への提案活動をスタートさせ、平成30年3月末までに共同購入事前申込みをとりまとめが行われております。
(参照:JA全農ホームページhttps://www.zennoh.or.jp/press/release/2017/571062.htmlより抜粋)
 
本会でも現在、農機コスト削減と生産者の所得向上を目指して上記の取り組みを推進しております。
熊本県内における共同購入トラクターのご相談・事前申し込みについては、県下JAの農機担当部署で行っておりますので、お気軽にお尋ねください。
 
【お問い合わせ】JA熊本経済連 農業機械課
TEL:096-328-1181
もしくは  県下JAの農機担当部署までご連絡ください