前のページヘ戻る

おしらせ

  • 平成29年産冬春花き生産販売総合検討会

     JA熊本経済連はこのほど、熊本市の同経済連ホールで平成29年産冬春花き生産販売総合検討会を開き、販売実績の報告や次年産に向けた生産販売面での検討を行いました。

     冬春花き(平成29年11月~平成30年5月)は、出荷数量2624万1千本、販売実績26億5910万円でした。10月以降の曇天による低日照・低温の影響により全般的に生育遅れとなり年内の出荷量は平年よりもやや減少しました。3月以降は気温の上昇により各産地出荷量が増加したものの、販売先では供給過多の状態となり荷動きが鈍くなりました。

     検討会では、生産者などでつくるJAグループくまもと花き部会の主要5品目「トルコギキョウ」「カスミソウ」「キク」「カラー」「アリアム」の各専門部会による分科会があり、部会員は全国から集まった市場関係者らと意見交換し本年産の問題・課題を共有しました。その後の全体会では、経済連から生産販売実績などについて報告しました。
     
     
     JAグループくまもと花き部会の松崎武司部会長は挨拶で、「低温の影響により出荷量が伸び悩み厳しい年ではあったが、カスミソウだけでなくトルコギキョウも昨年産は栽培面積・出荷数量ともに全国一位となった。県内のJA枠を超えて安定出荷・ブランド確立により一層努め全国に向けて発信していく。」と決意を新たにしました。
    2018.6.20①.JPG 2018.6.20②.JPG
     また、発足当初より長きにわたり(平成21年からトルコギキョウ専門部会長、平成24年から平成29年までは花き部会長として)花き部会の礎を築きあげた溝辺敬志前部会長の功績を称え、松崎部会長より感謝状の贈呈が行われました。
    2018.6.20③.JPG 2018.6.20④.JPG
  • 平成29年産冬春花き生産販売対策会議

     JA熊本経済連は18日、経済連7階ホールにて平成29年産冬春花き生産販売対策会議を開催いたしました。

     本年産冬春花きは、作付面積138ha(前年比98%)、出荷量29,912千本(前年比103%)を計画しております。主要品目については、トルコギキョウ4,538千本(前年比106%)、カスミソウ11,520千本(前年比114%)、キク4,652千本(前年比95%)、カラー801千本(前年比110%)、アリアム851千本(前年比95%)の出荷計画となっております。全体の作付面積は2haほど減少しておりますが、品目によっては作付面積の拡大が見られます。

     生育状況につきましては、度重なる台風の接近・襲来がありましたが大きな被害はなく、本格的な出荷が始まる11月以降については順調な生育となる見込みです。

     JAグループくまもと花き部会では、「商品性向上と安定供給の確立」「生産から流通面における品質維持の徹底」「情報発信によるブランド向上」「販売促進活動による需要喚起」に取り組み、販売金額27億円を目指します。

    29.10.18①.JPG  29.10.18②.JPG

    29.10.18③.JPG  29.10.18④.JPG

  • 平成28年度JAグループくまもと花き部会総会

     JA熊本経済連にて平成28年度JAグループくまもと花き部会総会が行われました。

     本総会では、平成28年度の事業報告と29年度の事業計画、「日持ち認証制度」への取り組みについて承認がなされました。

     また、役員改選についても承認がなされ、設立当初からJAグループくまもと花き部会を牽引しご尽力くださいました溝辺前部会長に変わり、アリアム専門部会の松崎部会長が新たにJAグループくまもと花き部会の部会長に選任されました。

     新体制を迎えた中で、部会活動の更なる発展にむけ一丸となって頑張ってまいります。

    ①.JPG ②.JPG

    ③.JPG 

  • 平成28年度熊本県花き交流会

     2月15日に市場・実需者を招き、産地との交流会を開きました。

     これまでは消費地での情報交換会を行っておりましたが、より多くの生産者に参加していただけるように、産地側で開催することとなりました。また、市場・実需者に向けて、15日、16日にわたり県内各産地の視察も行いました。

     この交流会を通じ、熊本県産花きの一層のファンづくり、更なる消費拡大へと繋げてきたいと思います。

    ★JA熊本経済連のホームページにも記事がございますので是非ご覧ください。

    http://www.jakk.or.jp/pickup/2017/02/post-329.html 

    ①カスミ.JPG ②交流会.JPG

    ③集合写真.JPG ④圃場巡回.JPG

  • JAグループくまもと花き部会研修会

     JAグループくまもと花き部会(事務局=JA熊本経済連)はこのほど全体研修会を開催しました。県内の花き生産者のほか、JAや熊本県の職員など多くの方々に参加いただきました。

     研修会では、株式会社MPSジャパン代表取締役の松下様より日持ち品質管理認証制度の取り組みについて、全農九州営農資材事業所の小牧主幹様より花きの土壌病害対策についてそれぞれ講演いただきました。

     今回の研修を活用し、県産花きの更なる品質向上・安定出荷につなげていきたいところです。

    IMG_8370.JPG

  • 日持ち認証審査

     JA熊本市(西部花き部会・御幸カラー部会)、JA阿蘇(波野花き部会・個人1名)、JAたまな(天水花き部会)にて、福岡花市場ご協力の下、日持ち認証審査を行いました。

     今回審査のあった各部会はすべて審査に合格し、日持ちへの意識の高さが伺える結果となりました。

     JAグループくまもと花き部会では「生産から流通面における品質維持の徹底」を今年度の基本方針の1つとしており、今回審査のあった日持ち性認証制度を活用し、日持ちの良い花きの生産・出荷に取り組んで参ります。

    CIMG6343 - コピー.JPG CIMG6344 - コピー.JPG

    CIMG6347 - コピー.JPG

  • 平成28年産冬春花き生産販売対策会議開催

     この度の熊本地震に対しまして全国の皆様方から、心温まる励ましの声と、ご支援をいただきまして、心よりお礼申し上げます。

    皆様からの支えによりまして、平成28年産の本格的な出荷を前に下記の通り「平成28年産冬春花き生産販売対策会議」を開催しましたので報告いたします。

     

     本年産は、作付面積140㌶(前年比94%)、出荷量29,917千本(前年比99%)を計画しています。高齢化による生産者数の減少などにより、昨年と比較して作付面積が減少しています。

     生育状況に関しては、9月以降に度重なる台風の接近がありましたが大きな被害はなく、また10月は夏場から続く猛暑の影響により一部の品目で前進化や生育不良が見られるものの、本格的な出荷が始まる11月以降については順調な生育となる見込みです。

     主要な品目においては、トルコギキョウ4,246千本(前年比101%)、カスミソウ11,343千本(前年比99%)、キク4,845千本(前年比97%)、カラー891千本(前年比96%)、アリアム865千本(前年比97%)の出荷計画となっています。

      JAグループくまもと花き部会では、「商品性向上と安定供給の確立」「生産から流通面における品質維持の徹底」「情報発信によるブランド確立」「消費拡大に向けた販促活動の充実」に取り組み、販売金額28億円を目指します。

     DSC_0008 - コピー.JPG DSC_0013 - コピー.JPG

  • 第41回JA植木まつり

    1月23日から2月22日までの31日間、合志市のカントリーパークで「第41回JA植木まつり」が開催されました。植木まつり(1).JPG

    植木まつりは、緑化木事業の振興・発展とJAにおける特産品づくりの振興を目的に県下JAとJA熊本経済連で毎年開催しており、第16回からカントリーパークで行われています。

     会場内では、県内のJAからマツ・マキ・ツゲなどの庭木をはじめ、洋ラン・花苗・観葉植物などの花鉢・苗物、趣向を凝らした庭園、地域自慢の特産物など約120万点が展示即売されました。

    IMG_4751.JPG

     また、盆栽・剪定・フラワーアレンジメント教室、チャリティーオークションなど毎日さまざまなイベントが開催され、多くの来場者でにぎわいました。

    IMG_5281.JPG

    22日に行われた閉会式では、来場者による投票で選ばれた植木まつりグランプリなどの表彰も行われ、盛況のうちに閉会しました。本年度の問題・課題点を整理して、次年度のより良い開催に繋げたいと思います。

    IMG_5766.JPG

  • JAグループくまもと花き部会全体研修会

     1月27日にJAグループくまもと花き部会全体研修会を開催しました。

     今回は、「日持ち性向上対策品質管理制度」をメインに研修を行いました。

     現在、県内では14団体308名の生産者が制度の取得・申請を行っており、研修では、すでに制度を取得している2JAから取り組み状況について報告が行われました。

     JA菊池では、前処理剤の一元販売管理を行い、それにより、生産者のコスト削減や適切な在庫管理などが行えるようになりました。また、JAやつしろでは、出荷規格以外での産地努力として、生産技術の向上、長期平準出荷の作型確立・品質維持などにより、品質保証に向けた取り組みを行っています。

     また、花き部会事務局のJA熊本経済連から、日持ち向上のポイントについて説明が行われました。収穫に使用する道具の適切な洗浄・管理、作業場の整備などが日持ちに影響することから、栽培から出荷までの取り組み徹底の重要性を説明しました。

       CIMG5630.JPG      CIMG5616.JPG

  • 西日本地区熊本県花き研究会産地研修会開催

     11月10・11日の2日間、「西日本地区熊本県花き研究会産地研修会」を行いました。
     西日本地区の市場10社から参加いただき、各JAの圃場視察を行いました。 

     JA熊本うき管内ではカスミソウ・洋蘭の視察を行いました。
     カスミソウについては、10月中は遅れ気味で推移していましたが、11月に入り、好天の影響で中旬頃から出荷が急増しました。現在も2週間程度前進化し、県下全体で日量が2,000ケースを超えるなど、例年にない集中出荷となっています。

     IMG_5453.JPG IMG_5460.JPG

     JAあまくさ(新和地区)ではトルコギキョウの圃場視察を行いました。
     本年産は台風15号(8月25日)に伴う大雨により浸水の影響を受けて生育遅れがあり、現状は11月16日の週から出荷が開始となっています。

     IMG_5486.JPG IMG_5488.JPG

     JAやつしろ(北部地区)ではトルコギキョウを中心に、アスター・デルフィニウム・ダリア等の圃場を視察しました。
     メインとなるトルコギキョウは順調な生育で品質も良く、今後は12月中旬のピークに向けて徐々に出荷量が増加していく見込みです。

     IMG_5493.JPG IMG_5527.JPG

     JAやつしろ(南部地区)では、カラー圃場にて県育成品種のホワイトトーチとグリーンゴッデスを視察しました。
     出荷は9月末からスタートしており、現在は日量90ケース前後の出荷で、年内の大きな増加はない見込みです。

     IMG_5529.JPG IMG_5531.JPG

     JAかみましき管内では、トルコギキョウ・ガーベラの圃場を視察しました。
     現在は好天に伴い生育は回復しており、週2回出荷で日量約50ケースの出荷となっています。今後しばらくは横ばいの見込みです。

     IMG_5555.JPG IMG_5547.JPG

     また、熊本交通運輸(株)にて、花き物流センターの視察も行いました。

     IMG_5566.JPG

     今回は、実務担当者や若手職員を対象とした研修でしたが、今回の産地視察を年末需要の商談に活かして頂きたいと思います。
     また、ご協力頂いた生産者・JA・熊本交通運輸の皆様には、大変お世話になり、ありがとうございました。