茶葉で淹れるおいしい冷茶

緑茶は低温でじっくり出したり、急速に冷却することにより、甘み成分のテアニンやビタミンCが壊れずに残っているため、まろやかで深みのある、旨味たっぷりの冷茶になります。また、色の変化も少なく、緑の鮮やかな色が長時間保たれます。

水出し茶を作るなら話題のフィルターインボトルで
フィルターインボトルとは、ワインのように食事事の時に水出し茶を愉しんでいただきたいという思いからできた、ワインボトル型の茶器です。注口部分にフィルターがセットされているのでそのまま注ぐことができ、飲んだ後は冷蔵庫で保存できます。暑い日には、氷を入れたワインクーラーやボウルに入れて、そのまま食卓に出すこともできます。
 

フィルターインボトルでつくる冷たい日本茶
ボトルの中に茶葉を10〜15g(大さじ2〜3位)を入れます。
水を一番上の目盛り(750ml)まで入れます。
フィルターがセットされている注ぎ口をボトルにセットします。(栓は抜いた状態でセット)
注ぎ口に栓をセットし、冷蔵庫に入れ3〜6時間で出来上がり!
    • 密封性が高いので冷蔵庫の中で寝かせて保存してもOK!

 
 
 

湧雅のここち湧雅のここち
商品のご購入はこちらから商品のご購入はこちらから
日本茶×スイーツ 美味しい組合せ日本茶×スイーツ 美味しい組合せ
お茶を使ったおいしいレシピお茶を使ったおいしいレシピ
茶業センターのブログ茶業センターのブログ
JA熊本経済連JA熊本経済連
くまもとOCHA倶楽部くまもとOCHA倶楽部
熊本県茶業研究所熊本県茶業研究所