こだわり食材のご紹介

一覧へもどる

氷温造り塩さばドレス

氷温造り塩さばドレス

~先人の知恵・自然の摂理を応用~

  1. ①「氷温」ってなに??

    「氷温」とは、「0℃以下でモノが凍るまでの温度帯」のことです。
    水は0℃から凍り始めますが、モノが凍り始めるのはもっと低い温度からです。この凍り始めるまでの温度帯を「氷温」といいます。

  2. ② 何か良いことあるの??

    ◎素材本来のうま味を十分に引き出す!

    氷温帯で加工をすると、細胞は凍るまいとする自己防御の結果、「不凍液」を蓄えます。この「不凍液」に含まれる、アミノ酸や糖は、"美味しい、甘い"と感じるうま味成分です。

    ◎鮮度保持!

    摂氏0℃以下のため、有害微生物や細菌の増殖を抑制し、鮮度保持に優れています。

JAふれあい食材の塩サバ

一貫した氷温製法!!

工程内容 メリット
氷温解凍
通常、冷凍魚の解凍方法としては、「常温解凍」や「流水解凍」が一般的ですが、JAふれあい食材の塩サバは、氷温解凍庫(-1℃~-4℃)で、3~4日かけてじっくり解凍をしています。 うま味や栄養価を含むドリップが流出しない!
氷温熟成
JAふれあい食材の塩サバは、塩水や調味液に漬け込んだサバを「氷温熟成庫」でじっくりと熟成させます。また、塩水や調味料も事前に氷温庫で熟成し、まろやかでうま味を引き出したものを使用しています。
  • 味付けが進行しながら、魚本来のうま味が増加  ⇒化学調味料が不要
  • 細菌による腐敗進行がない為、鮮度が落ちない
氷温乾燥
昔から、冬の最も寒い時期に野菜や魚を寒風の下に干す「寒干し」で干したものは美味しいと知られてきました。
JAふれあい食材のサバは氷温の温度帯の風でじっくりと乾燥させています。
うま味が最大限に引き出され、身がふっくら!